ロード中
 

金融業界特化の計測ツール構築。
事業生産性の向上を目指して日々カスタマイズに取り組む

株式会社オプト

  • アフィリエイト戦略部
  • 部長
  • 柴田誠司 様
  • アフィリエイト戦略部
  •  
  • 中野美保代 様

オプト様が提供される「Performance First」(以下P1)は、メガバンクやネットバンクなど、大手金融案件に特化したアフィリエイト計測ツールです。

本ツールを活用したアフィリエイト運用の特徴は、広告主や媒体と直接取引することで広告主に対してはコストカット、媒体に対しては報酬の最大還元を実現する点にあります。また、オプト様が提供する、統合データ活用プラットフォーム「ONE’s Data」をはじめとし、外部ツールとの連携も柔軟に対応可能であり、アフィリエイト運用における効果の拡大に貢献します。

事業生産性の向上を目指しカスタマイズを実施

所属されている「アフィリエイト戦略部」について教えてください。

アフィリエイト戦略部はP1をはじめとした、アフィリエイト運用サービスを提供する部署で、様々な機能を持ち合わせています。

提携している媒体社様をコンサルティングするチームや、広告主様の広告ガイドラインに沿った表記がされているか、掲載面をパトロールするチームもあります。 その中で我々はオプト内のアフィリエイトプロモーションの最大化とアフィリエイトにおける業務効率化を推進するチームとしてP1に携わっています。

P1にはこれまで様々なカスタマイズを施しています。
カスタマイズをするにあたりどのような点を重要視されていますか?

特に重要視しているのは広告運用やコンサルティング提案など、広告主様との向き合いに対する時間を創出し、ビジネスパートナーとして広告主様に新しい付加価値を提供することです。そのため、事業の生産性向上は必要不可欠と考えております。本ツールに関する生産性向上の観点で、備えるべき機能・改善すべき機能を検討し、カスタマイズを御社に依頼しています。

要望を汲み取り柔軟に対応

admage®のカスタマイズ性や弊社対応は貴社ご要望に叶っているでしょうか?
率直なご感想をお願いいたします。

弊社の要望を大変深く理解してくださり、柔軟かつ、スピード感を持って対応してくださっています。カスタマイズをご相談する際には弊社内で具体的に要件化できている場合もあれば、要望だけお伝えする場合もあります。特に後者の場合、「こういう機能にしたらどうでしょうか」と案をいただくこともあり、とても助かっています。自分たちだけでは気が付けない利用者目線に立ったUIのご提案などをいただけることもあるのでありがたいです。

強いて今後の課題を言うなら“情報の蓄積”ですね。担当者同士長いお付き合いになりますが、ツール構築当時まで振り返ると担当者の入れ替わりもあります。過去のカスタマイズ内容やその意図などお互いに調査が必要になるケースもあるので、今後何かあったときに早く対応ができるように双方で情報をこれまで以上に蓄積していけたらと思っています。

サービス運営におけるパートナーとして業界の発展につながる取り組みも期待

P1の展望やそれに対して弊社に期待することをお聞かせください。

アフィリエイト戦略部ではP1関連サービス以外にも運営しているサービスがありますが、P1はとても提供価値のあるツールだと考えています。

冒頭にご紹介いたしました「ONE's Data」など弊社の他プロダクトとのアセットを活かしながら、ご利用頂いているお客様に対し、新たな付加価値を提供していきたいと考えております。

カスタマイズにおいて直近重視している“生産性向上”にはゴールが無いのではないかと思っています。本当に必要な作業なのか、もっと自動化できる部分はないか、そういった観点で突き詰めて考えていくと、業界的にも当たり前となっている業務自体を無くすこともできるかもしれません。

また、弊社サービスをよりブラッシュアップして業界内のアドバンテージを取っていくためにも、P1の改善余地はまだあります。

加えて、広告業界はITPやCookieなど計測環境における変化が著しいので、その変化にいかにフレキシブルに対応していくかも大事になってきます。今後も消費者のプライバシー保護の観点のもと、安定的にしっかりと計測ができる環境を整えていきたいですね。 以上を踏まえるとP1は道半ばでやりたいことはまだまだたくさんあります。 今も十分ご支援いただいていますが、今後も御社の知見を活かしながら柔軟にご対応いただけるとありがたいです。

また今後はよりアフィリエイト業界の発展につながるような取り組みができたらとも思っています。サービス運営のパートナーとして関係構築ができているからこそ、本サービスが今に至ると思っているのですが、様々な広告システムの開発に携わる御社ならではの視点でP1をより良くしていくためのご意見を更に伺えることを期待しています。これからもパートナーとして伴走していただきたいと思っています。

貴重な話をお聞かせいただき、ありがとうございました!

取材者コメント

ビジネスや業務を進めるにあたりボトルネックになっている部分や展望など具体的に情報共有をしていただき、ツールをどう改良できるか当社からも積極的に提案しながらカスタマイズを進めています。弊社はadmage🄬を通して様々な広告ビジネスの開発・運営に携わっているためその知見を活かしつつ、サービス運営のパートナーとして伴走し続けられるよう、今後もより一層努力してまいります。

会社名
株式会社オプト
事業
  • マーケティング事業

CASESTUDY

お客様の声

プロジェクト事例