News LetterNews Letter

お知らせ詳細お知らせ詳細

新製品「ITSMクラウド」を本日から提供開始
開発中・運用中の全システムの品質状態をマネジメント層が俯瞰可能に

即導入可能な現場マネジメント視点のシステム運用・保守開発マネジメントツール

2017年11月22 日
株式会社 ディマージシェア

企業の収益性を高めるデジタルクラウドプラットフォームを展開する株式会社ディマージシェア(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:大内 慎、以下ディマージシェア)は2017年11月22日(水)、システムの運用・保守開発フェーズ向けのマネジメントツール「ITSMクラウド」(アイティーエスエムクラウド)をリリースします。

「ITSMクラウド」は、弊社グループの10年以上に渡る運用設計コンサルティングの知見と運用・保守開発の現場の意見を反映した現場のマネジメント視点から設計された運用・保守開発マネジメントツールです。システム運用の現場で必要な要素に絞り込まれて設計されているため即導入・即運用開始することが可能です。また、運用フェーズでの利用だけでなく、開発フェーズにおける課題もインシデントとして扱うことで、運用中・開発中のすべてのプロジェクトにおける進捗や課題を一つのビューで見ることができ、全システムの品質状態をマネジメント層が俯瞰して把握することが可能になります。

初年度は企業の情報システム部門、システムインテグレーターおよびヘルプデスク代行企業への導入を中心に100社の導入を目指します。

■名称
『ITSMクラウド』(アイティーエスエムクラウド)

■特徴・機能概要
・案件管理
・変更管理
・保守開発および運用インシデント管理
・問題分析(再発防止)
・構成管理

■開発背景
従来のシステム運用マネジメントツールは、導入するために膨大な時間とコストをかける必要がありました。また、専門家のサポートがないと導入及び維持が難しいことが障壁となっていました。加えて、導入企業の組織規模に関わらず既存の運用マネジメントツールの機能が多岐に渡っており、現場で使いこなすことが困難でした。そのため弊社では運用・保守開発の現場の意見を集約し、必要な機能だけに絞り込んだ、現場のマネジメントに即した運用マネジメントツールを開発するに至りました。

■想定サービス対象企業属性
・事業会社の情報システム部門
・システムインテグレーター
・ヘルプデスク代行企業

■新製品サイト
https://itsm.dimage.co.jp/


■会社概要

商号 :  株式会社ディマージシェア
代表者 :  代表取締役社長 大内 慎
所在地 :  〒102-0072 東京都千代田区飯田橋1-5-10 教販九段ビル6F
設立 :  1999年9月8日
資本金 :  55,800,000円
URL :  http://www.dimage.co.jp/


【新製品のお問い合わせ先】
  • 株式会社ディマージシェア
  • システムソリューション事業部
  • E-mail : info@ml.dimage.co.jp
  • TEL  : 03-5210-0120(平日10時から19時)
  • FAX  : 03-5210-7018